ラリーパパ&カーネギーママ -RALLYPAPA AND CARNEGIEMAMA-

 

"浪花のザ・バンド"、"大阪の至宝"と呼ばれたロックバンド。ルーツミュージックをこよなく愛する5人の若者により、20世紀末に結成。活動を開始するや否や、奏でる音のイメージから《ヒゲロック》なるジャンルを与えられ、音楽ファンはもちろん、周囲のミュージシャンや業界人にも賞賛され脚光を浴びる。

 

メンバーはチョウ・ヒョンレ(Vo, Gt)、スチョリ(Pf, Vo)、キム・ガンホ(Gt)、水田十夢(Ba)、辻凡人(Dr)の5人。20004月に"ラリーパパ"名義で活動を開始。結成当初のベーシストは森本夏子(現bonobos)だった。同年11月にラリーパパ&カーネギーママに改名し、大阪や京都を中心にライヴ活動を精力的に行なう。2001年に自主制作でリリースした初作品『Good Times Are Comin'』が800枚完売。収録曲「冬の日の情景」がCRJ-WESTで年間1位を獲得。その後レーベルへの思いを込め、フル・アルバム『dreamsville』を20028月にリリース。2003年に『LAST ALBUM』、2004年にはライヴ・アルバム『LIVE』、さらに2005年にシングル『風の丘 / 黒猫よ、待て!』をリリース。『FUJI ROCK FESTIVAL』や『春一番コンサート』『ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル』など、大型イベントにも多数出演を果たしている。他にもオクラホマ州出身の伝説的シンガー・ソングライター、ロジャー・ティリソン、テキサス州出身のスワンプ・ロッカー、マーク・ベノのジャパン・ツアーをサポートし大きな話題を集めることに。

 

20067月、惜しまれつつも解散してしまうが、2010年秋には一時的に再結成を果たす。『Rainbow Hill 2010』に出演、さらに東京と大阪でワンマン・ライヴを開催した。2011年に東日本大震災チャリティー・コンサートを行なったあとバンド活動を再び休止するが、2016年から本格的に活動を再開することを宣言。2003年のロジャー・ティリソン・ジャパンツアーの世界初CD化プロジェクト、5年ぶりの全国ツアー開催、最新作はツアーファイナルをパッケージした『Thank you Amigo!!』。結成15年を越えた今、円熟期にして充実期。


チョウ・ヒョンレ(Guitar, Vocal)

Cho Hyeongrae

 

ラリーパパ&カーネギーママの結成から幕引きまで、一部始終に携わる。嬉しかったことは、マーク・ベノに「スティーヴ・クロッパーみたい」と言われたこと。鈴木慶一さんに「ナイスギター!」と言われたこと。残念だったことは伊藤銀次さんに「ちゃんと弾け」と言われたこと。売れなかったこと。解散後はシンガーソングライターとして活動中。ライブをしたり、しなかったり。曲を書いてみたり、行き詰ってみたり。

 

OFFICIAL BLOG「心象スケッチ」

 http://master-bay.dreamlog.jp/



スチョリ(Piano, Vocal)

Sucholi

 

2000年から2005年までラリーパパ&カーネギーママに在籍。2006年からソロ活動をスタートさせる。6070年代のシンガー・ソングライターを思わせる柔らかく味わい深い楽曲、力強くも優しい歌声はそっと寄り添うピアノと共に静かな感動を与えてくれる。すべることはあるが落ちることはない小話、飾らない語り口も魅力のひとつ。ファッツ・ウォーラーからコダマ・オオキまで幅広いルーツを持つ。

 

Favorite Musician

ボブ・ドロウ/ブロッサム・ディアリー/ビヴァリー・ケニー/ナット・キング・コール/リッキー・リー・ジョーンズ/ランディ・ニューマン/ダン・ヒックス/ニック・デカロピーター・ゴールウェイ/ケニー・ランキン/アラン・トゥーサン/ハンク・ジョーンズジェイムス・テイラー/マイケル・ジョンソン/ジョアン・ジルベルト/ドクター・ジョントム・レイラー/ホーギー・カーマイケル/コール・ポーター/ジョージ・ガーシュウィン ほか

 

OFFICIAL WEBSITE(2015.10.20 Renewal)

 http://www.sucholi.com/



キム・ガンホ(Guitar)

Kim Gwangho

 

ラリーパパ&カーネギーママ解散後、田中良4thアルバム『神様がくれた僕らの日々』のレコーディング&東北ツアーに参加。以後、アース・ジェット・サマーヴァケーション、サンドバックスなど、数々の飲み仲間と悠々自適な音楽活動を勝手に展開。2014年からはセンチメートルズに加入。20147月には、ロジャー・ティリソンの故郷であるオクラホマ州タルサへ単身渡米。 タルサ滞在を綴った『キム・ガンホのタルサ旅日記』を執筆。最近は独自の文才を発揮し、連載コラム『キム・ガンホのヒット&ラン』を定期的に更新。新たな側面でファンを魅了している。

 

キム・ガンホのヒット&ラン(連載コラム)



水田十夢(Bass)

Mizuta Tom

 

2001年加入~2006年解散に至るまで、ラリーパパ&カーネギーママにベーシストとして在籍。20075月に自身がベースとボーカルを担当する3ピースバンド・TOCHIKAを結成。メンバーはギター:ソニックユースケ(ソニックケトル)、ドラム:道券慎太郎(現在活動休止中)。その後2011年に瓦町プレイボーイズ結成。さらに2014年には良元優作バンドに参加。増家真美のサポートも精力的に行なっている。

 

OFFICIAL TWITTER

 https://twitter.com/CAMELPAPA



辻凡人(Drums)

Tsuji Bondo

 

1979年生まれ。bonobosラリーパパ&カーネギーママのドラマー。サポートドラマーとしては、堀込泰行(ex.キリンジ)、いきものがかり、Geoff Muldaur & Amos Garrettなどで活躍。ソロ名義「Shleeps」では2010年にP-VINEより1stアルバム「mimesis」をリリース。プロデューサー、ディレクター、アレンジャーでもあり、コンセプト・アルバムも多数制作。

 

Shleeps OFFICIAL WEBSITE

 http://shleeps.com/



増家真美(Piano, Vocal)

Masuka Mami

 

ピアノと歌うシンガー・ソングライター。2005年に初の音源『DEMO』を発表。録音はラリーパパ&カーネギーママのメンバーが参加。出産・育児により活動を休止していたが2012年より活動を再開。言葉を大切に歌を作り続けている。2015年7月、10年ぶりのアルバム『NOTE』をリリース。

 

OFFICIAL TWITTER 

 https://twitter.com/mottomamichi



大間知潤(Mandolin)

Omachi Jun


60年代のポップスや70年代のロックを行ったり来たりしながら、かつてのバイト先のオーナーの影響でマンドリンという楽器に出会い、宮崎勝之氏やデヴィッド・グリスマンの音楽と出会った20代。チョウ・ヒョンレ率いるバンド、jonomaiのマンドリン奏者として活動しながら、スチョリを始め様々なライヴ・サポートとしても活動中の30代。型にはまらないマンドリン奏者としての40代を迎えるため日々奮闘中。

 

OFFICIAL TWITTER

 https://twitter.com/jun_7_3



jonomai(ジョノマイ)

 

チョウ・ヒョンレを中心に、20117月に結成した6人組。20119月にデビュー・シングル「明日への予感/old friend」をリリース。2012年春から自主企画イベント『LIFE WORK LIVE』を不定期ながら開催。これまで今井忍、ロケット・マツ、笹倉慎介、中村まり、スチョリ、大森元気などと共演。

 

OFFICIAL WEBSITE

 http://mrbeans.exblog.jp/