「窓野」

エンディング -3-

 

 

十夢「僕が考えた窓野ていうキャラで短編小説書いてみたんですが、読んでみてどないでしたー?」

 

ガンホ「ごめん、読んでるときビン倒れて原稿にビールぶち撒けてもうた」

 

十夢「………」

 

ガンホ「………十夢くん?」

 

十夢「どっ……どっ………どっ……どっ……」

 

ガンホ「んがあぁぁぁぁぁ!」