2013年12月6日、惜しくもこの世を去ったロジャー・ティリソン。オクラホマの静かな巨人、スワンプ・ロックの雄。そう呼ばれた男だった。1971年にリリースした『ロジャー・ティリソンズ・アルバム』は日本でも人気を博した名盤だ。2003年のジャパン・ツアーが記念すべき初来日。そのときにバック・バンドを務めたのがラリーパパ&カーネギーママだった。

 

かつてロジャーから「まるでジェシ・エド・デイヴィスのようだ」と称されたギターのキム・ガンホはバンドを代表して、2014年夏、単身渡米。ロジャーが眠るあの場所へ向かった。

 

オクラホマ州タルサ。その街には何があったのか、そして何が起こったのか。キム・ガンホ自身が愛を込めて綴った旅の日記。



キム・ガンホのタルサ旅日記2014  -Kim Gwangho's Road To Tulsa 2014-

Author : Kim Gwangho

 

2014.07.12 ▶ タルサの土を踏む - Go To Tulsa

 

2014.07.13 ▶ ロジャーの眠る場所へ - Under The Tree

 

2014.07.14 ▶ カジノでおおはしゃぎ - Exciting Casino

 

2014.07.15 ▶ 馬と戯れる - Wild Horses

 

2014.07.16 ▶ ザックの好物は? - Song To Woody

 

2014.07.17 ▶ ワン・グッド・フレンド - One Good Friend

 

2014.09.04 ▶ タルサまでの道のり - Life Is A Carnival