ロジャー・ティリソン

ROGER TILLISON

 

1941年10月18日オクラホマ州ダンカン生まれ。1965年に男女デュオ<ジプシー・トリップス>でデビューし、シングル2枚を発表。デビュー・シングル「ロックンロール・ジプシーズ」のプロデューサーはレオン・ラッセル。その後はレザーコーテッド・マインズ名義で企画アルバム(プロデュースはJ.J.ケール&スナッフ・ギャレット)を発表。この頃、ザ・バンドのリヴォン・ヘルムやボビー・キーズ、ジェシ・エド・デイヴィス、ジミー・マーカム、チャック・ブラックウェルらと<ジミー・マーカム・タルサ・レヴュー>を結成し、ハリウッドのクラブなどに出演。60年代後半にはリヴォン・ヘルムに誘われてウッドストックに移り住み、2年間を過ごす。1971年、ジェシ・エド・デイヴィスのプロデュースの元、ファースト・ソロアルバム『ロジャー・ティリソンズ・アルバム』をアトランティック・レコードから発表。骨太なスワンプロックの名盤として多くのロックファンに愛され、今なお語り継がれている。またソングライターとしてもジェシ・エド・デイヴィス、ハーツ&フラワーズ、ヴィネガー・ジョーらがカバーした名曲「ロックンロール・ジプシーズ」が特に有名だが、盟友J.J.ケールの「ワン・ステップ・アヘッド・オブ・ザ・ブルース」「レッツ・ゴー・トゥ・タヒチ」、ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズ「ペイント・ミー・ア・ピクチャー」、他にもキングスメンやエレクトリック・プルーンズなどの初期作品も手がけている。2003年には32年ぶりのソロアルバム『マンブル・ジャンブル』をドリームズヴィル・レコードから発表し、同年6月に初来日公演が実現した(バックバンドはラリーパパ)。2016年9月、この伝説の来日公演が世界初CD化となる。2013年12月6日、肝臓ガンのため72歳で他界。世界中の多くのファンが悲しみに包まれた。