ピーター・ゴールウェイ – トーキョー・セッションズ 1989


トーキョー・セッションズ 1989 - Peter Gallway

☆★貴重盤☆★

 

品番:RATCD-4280

レーベル:dreamsville records

フォーマット:CD + DVD

リリース:2010年1月20日

解説:ピーター・ゴールウェイ / マレイ・ウェインストック / 長門芳郎

 

¥3,800

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

DISC-1 [CD]

01. On The Band Stand

02. Shorty Is A Bad Boy

03. The Last Goodbye

04. Taking It Easy

05. Sunday Basketball

06. Decidedly Fun

07. Boston Is Burning

08. Runaway Train

09. Land Of Music

10. Good Lady Of Toronto

11. Jake And The Five Plaids

12. Like A Rolling Stone(Bonus Track)

DISC-2 [DVD]

01. Sunday Basketball

02. Taking It Easy

03. Decidedly Fun

04. Shorty Is A Bad Boy

05. Country Time Rhymes

06. Good Lady Of Toronto

07. Watch Yourself

08. My Sweetheart Was My Friend

09. Liz

10. Runaway Train

11. Nothing To Do With The Weather

12. The Last Goodbye

13. Come On In

14. Jake And The Five Plaids

15. Small Good Thing

16. In Hollywood

1989年夏に行われた幻の東京セッションがCD化!元フィフス・アヴェニュー・バンドのピーター・ゴールウェイ&マレイ・ウェインストックが佐橋佳幸(ギター)、湯川トーベン(ベース)、野口明彦(ドラムス)、中山努(キーボード)、鈴木祥子(コーラス/ドラムス)、田島貴男(コーラス)、ブレッド&バターら日本のトップミュージシャンたちと繰り広げた夢のレコーディングセッションの全貌が今、明らかになる!さらにDISC-2には名古屋ボトムラインでのライヴ映像を収録。ゴールウェイ・フリークならずとも必聴必見の内容!

 

ミックス監修:佐橋佳幸

コメント:佐橋佳幸/湯川トーベン/野口明彦/中山努/鈴木祥子/田島貴男/ブレッド&バター

 

DVDの映像は1989年当時、記録用に撮影されたVHSテープに編集を加えたものです。商品化を想定して撮影されたものではなく、さらにテープの経年劣化のため、お見苦しい箇所があることを予めご了承ください。



ピーター・ゴールウェイ − アイ・ゲット・ジョイ 〜 ブリーカー・ストリートの青春


アイ・ゲット・ジョイ 〜ブリーカー・ストリートの青春 - Peter Gallway

 

品番:YDCD-0015

レーベル:dreamsville records

リリース:1999年9月25日

解説:ピーター・ゴールウェイ / 長門芳郎

歌詞・対訳付/新品・未開封

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Lights Of London

02. In A Cool World

03. My Electric Guitar

04. Songwriter

05. I Get Joy

06. Chinalight

07. Lenny Bruce ※Bonus

08. On The Promenade

09. Angel By The Bed

10. Worth Waiting For

11. Just Like Paradise ※Bonus

12. One Kind Word

60年代の終わりにたった1枚のアルバムを残し解散した、伝説のグループ、フィフス・アヴェニュー・バンドのピーター・ゴールウェイの2000年作品。自身の人生を振り返って、少年時代から現在までの彼の人生にとって意義深い出来事を曲にし、年代順に並べたコンセプチュアルな作品。グリニッジ・ヴィレッジにある自身のスタジオで曲作りから、プロデュース/レコーディング/ミックス作業など、ほとんどの演奏を自身で行った、彼の人生の内面を歌った自伝的なアルバム。幼い頃に思い描いていた空想の世界のこと、10代の頃の自分、ローリング・ストーンズを見てプロのミュージシャンになろうと思った時の事、母の死の知らせを聞いた時の事、昨年初めて結婚した事などを歌にしている。

 

アルバムの邦題にある”ブリーカー・ストリート”は、60年代フォーク/フォーク・ロックのメッカと知られるニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにある通りの名前のことで、ピーターも10才の時に移り住み、彼自身も60年代半ばからそのフォーク・ロック・シーンに身を置き活動し、青春を過ごしていた場所。ちなみに『BLEECKER STREET:Grennwich Village in the 60's』というグリニッジ・ヴィレッジから生まれた60年代フォーク/フォーク・ロックの名曲の数々を現代のミュージシャンたちがカヴァーしている作品も、ピーターが企画プロデュースしている。

 

アルバム・タイトルの原題『REDEMPTION』は、「救済」「償い」という意味をもつ言葉。なお日本盤は、ボーナス・トラックを2曲収録、1曲は60年代初期に痛烈な社会風刺で知られたコメディアン、レニー・ブルースを歌ったもの。もう1曲は、友人ラリー・ジョン・マクナリーの代表曲をカバーしている。



ラリー・ジョン・マクナリー − ダンデライオン・ソウル


Dandelion Soul - Larry John McNally

 

品番:YDCD-0008

レーベル:dreamsville records

リリース:1999年7月25日

歌詞・対訳付/新品・未開封

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. I Love To Wake Up In New Orleans

02. Dandelion Soul

03. Tomboy

04. Over Fences

05. Richie

06. Richie Reprise

07. Black Guitar

08. Goodbye To Chinatown

09. For My Wedding

10. I Love To Watch A Woman Dance

11. Love Is Everything

 

 

<参加ミュージシャン>

リンカーン・シュレイファー:ベース

デニー・マクダーモット:ドラムス

ダニー・ルイス:キーボード/ハモンドオルガン

ファイヴ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ:コーラス

ジョン・リヴェンサール:ギター

ボブ・テルソン:アコーディオン

 

1978年に行なわれたピーター・ゴールウェイの初来日公演にギタリストとして同行し、その存在を知られることになったラリー・ジョン・マクナリー。ニューヨークを拠点に活動し、デビューは1981年。アルバム『Larry John McNally』(邦題:シガレット・アンド・スモーク)をリリース。プロデュースはジョン・リンド(フィフス・アベニュー・バンド/ハウディ・ムーン etc)が担当。都会的で洒脱なシンガー・ソングライター・アルバムとして、現在も高い人気を誇る。以降、ソロ活動の傍らボニー・レイットやロッド・スチュワート、ジョー・コッカーらに楽曲提供をするなど、ソングライターとしての評価も得る。前述のように、ピーター・ゴールウェイとの親交は長きに渡り続いている。ソロ作としては95年の『Vibrolux』以来4年半ぶり。



MFQ − ライヴ・イン・ジャパン


Live In Japan - MFQ

品番:YDCD-0102

レーベル:dreamsville records

リリース:2003年9月25日

解説:長門芳郎

歌詞・対訳付/新品・未開封/紙ジャケット仕様

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

01. Big Brass Band / Sing Out

02. Hold The Fort

03. Sassafrass

04. Good Day Sunshine

   / Moonlight Serenade

05. Look For The Silver Lining

06. Lovely Hula Hands

07. Tahiti Nui

08. Sweet And Dandy

09. Hanalei Moon

10. Tanko-Bushi

11. Ox Driver Song

12.Bonnie Ship The Diamond

     / Wind On The Water

13. Never My Love / Happy Together

 / Daydream / Daydream Believer

14. Good Time Music

15. Yesterday

16. This Could Be Night

17. Jordan River

18. Swing Down Chariot

19. Riu Chiu

20. Silent Night

21. Dream / Aloha 'Oe

22. Night Time Girl *Bonus

魔法のハーモニーに包まれた、あの夜の感動が甦る!

 

1988年12月、渋谷クラブクアトロで行われた、初来日コンサートを完全収録した傑作ライヴ盤が紙ジャケット仕様で再登場!ジャケットイラスト:矢吹伸彦氏。

 

プロデュース:長門芳郎&麻田浩

 

MFQ(モダン・フォーク・カルテット)

チップ・ダグラス:ボーカル、ベース、スラックキーギター

サイラス・ファーヤー:ボーカル、ウクレレ、ミュージカル・ソウ

ヘンリー・ディルツ:ボーカル、クラリネット、バンジョー、ハーモニカ

ジェリー・イエスター:ボーカル、ギター

ジム・イエスター:ボーカル、キーボード



NRBQ − NRBQのビューティフル・サンデー


NRBQのビューティフル・サンデー - NRBQ

 

品番:YDCD-0077

レーベル:dreamsville records

リリース:2002年3月21

解説:長門芳郎

歌詞・対訳付/新品・未開封

特典:オリジナル缶バッヂを先着でプレゼント!

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Norma

02. Come Softly To Me

03. Terry Got a Muffin

04. Party In My Head

05. Love Is Waiting

06. White Horse

07. You Were the one

08. Beautiful Sunday

09. Kingston Town

10. Goodbye

11. 21-50 to Headquaters

12. Rip It Up

13. Wand'rin Star

14. See You Soon

世界一キュートなおやじバンド、NRBQ。新曲&カバー半々の和みのグッドタイムR&R!「カム・ソフトリー・トゥ・ミー」(フリートウッズ)や「ビューティフル・サンデー」(ダニエル・ブーン/田中星児)など、傑作カバー目白押し!

 

NRBQの「ビューティフル・サンデー」。スタジオで一発録り(!?)が面白いです。最初にエレキをさわった時のような、アナログで、あったかいハートのロックがなつかしいカンジです。by 田中星児



ハース・マルティネス with ヴァレリー・カーター − フィーリング・ソー・ファイン


Feeling So Fine - Hirth Martinez with Valerie Carter

 

品番:YDCD-0029

レーベル:dreamsville records

リリース:2000年4月25日

歌詞・対訳付/新品・未開封

¥1,200

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

01. Feeling So Fine(with Valerie Carter)

02. 5/4 Samba

03. Slowly(Live ver)

04. Feeling So Fine(Instrumental)

前作『ミスター・ドリームズヴィル〜夢の旅人』('99)で奇跡のカムバックを果たしたハース・マルティネス。初のシングルは西海岸の歌姫、ヴァレリー・カーターとのデュエットが実現!さらにアコーディオンにはヴァン・ダイク・パークスも参加!ジャケットイラストは「レコスケくん」でおなじみ、本秀康氏。『ミスター・ドリームズヴィル』から「5/4サンバ」、さらにライヴバージョンの「スローリィ」も収録。



バジー・フェイトン&ニュー・フル・ムーン − フル・ムーン・セカンド


BUZZ FEITEN & THE NEW FULL MOON

 

品番:YDCD-0083

レーベル:dreamsville records

リリース:2002年6月27日

歌詞・対訳付/新品・未開封

解説:バジー・フェイトン

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Hey, Dinwiddie

02. Zamba

03. Little Sister

04. Darling Aleksandra

05. Sexual Chemistry

06. Party Shoes

07. Real Love

08. A Little More Hope

09. Virgin Birth

 

70年代初頭、ウッドストックで結成された伝説のバンド、フル・ムーンが30年の時を経て復活!バジー・フェイトン、フレディ・ベックマイヤーのオリジナルメンバーに新メンバーを加え再始動!

 

Produced by Buzz Feiten

Executive Producers:Yoshi Nagato and Masa Ogawa

 

ニュー・フル・ムーン

バジー・フェイトン:ギター/ボーカル

フレディ・ベックマイヤー:ベース

ゲイリー・マラバー:ドラムス

ジェイ・ウィンディング:キーボード

ブランドン・フィールズ:サックス



バジー・フェイトン − バジー・フェイトン with ブランドン・フィールズ


BUZZ FEITEN with BRANDON FIELDS - Buzz Feiten

 

品番:YDCD-0128

レーベル:dreamsville records

リリース:2008年10月15日

歌詞・対訳付/新品・未開封

解説:石沢功治

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Hey, Dinwiddie

02. Little Sister

03. My Angel

04. Samba

05. Danger Zone

06. If It Ain't Got Soul

※エンハンスト:「Hey, Dinwiddie」収録

 

 

Produced By Buzz Feiten

 

Recorded at Musicians Institute, LA on January 11, 2007

 

70年代初頭、伝説のジャズロック・バンド「フル・ムーン」そして80年代に人気を博した「ラーセン・フェイトン・バンド」のギタリスト/ボーカリストとして活躍したバジー・フェイトン。初のソロ名義音源の登場!

 

2002年にバジー・フェイトン&ニュー・フル・ムーン名義でアルバム・リリース後、その動向は知られていなかったが、2006年11月に東京ブルーノートで公演を行ない、健在ぶりをアピール。2007年に入ってからは、自身のスタジオを充実させ、積極的に録音活動を開始。新作や数々のコラボレーション録音に意欲をみせているバジー・フェイトンが、2007年1月に西海岸を代表するサックス奏者ブランドン・フィールズをゲストに迎えたライヴ音源が本盤だ。2007年、ハリウッドのMusicians Instituteでのライヴ演奏。全6曲のうち新曲が3曲、ラーセン・フェイトン・バンドの1stから1曲、ニュー・フル・ムーンから2曲を収録。またエンハンスト部分には「Hey, Dinwiddie」のライヴ映像を収録。



ランディ・マイズナー − ザ・プアー 〜 アーリー・イヤーズ


RANDY MEISNER EARLY YEARS - The Poor

 

品番:YDCD-0097

レーベル:dreamsville records

リリース:2003年5月29日

歌詞・対訳付/新品・未開封

解説:伊藤秀世

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Can't Stand To Be In Love With You

02. Look At Me

03. Hung Up On Losin'

04. Snow Man

05. Once Again

06. How Many Tears

07. She's Got The Time(She's Got The Changes)

08. Love Is Real

09. My Mind Goes High

10. Knowing You, Loving You

11. Feelin' Down

12. Come Back Baby

13. Study In Motion #1

 

Track 01〜04:The Soul Survivors

Track 05〜13:The Poor

Track 13:OST『Hells Angels On Wheels』

 

60年代後半のLAソフトロック、カントリーロック・シーンの興隆に大きく寄与したザ・プアー。ランディ・マイズナー(ポコ/イーグルス)が在籍していたことでも知られるグループで、当時はバッファロー・スプリングフィールドと同マネージメントで活動し、66年〜68年にシングル4枚をリリース。このアルバムは前身バンドとなるザ・ソウル・サヴァイヴァーズのレアなシングル曲も収録。ザ・ソウル・サヴァイヴァーズ名義で66年2月にリリースしたセカンドシングル ③「ハング・アップ・オン・ルージン」の作者は、当時ジプシー・トリップスで活動していたロジャー・ティリソンとテリー・ニューカーク。さらにアレンジはレオン・ラッセル。60年代のロサンゼルスの音楽シーンと密接だったことが窺い知れる。全13曲収録、ソフトロック〜フォークロック・ファン必須アイテムだ。世界初CD化。



ジム・ウィーダー − ビッグ・フット


Big Foot - Jim Weider

 

品番:YDCD-0003

レーベル:dreamsville records

リリース:1999年1月25

解説:宇田和弘

歌詞・対訳付/新品・未開封

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Big Foot

02. Little Miss Lover

03. Deepest Cut

04. New Orleans Boogie

05. Love's Like Rain

06. Sliding Home

07. Deep Feeling

08. Groove Me

09. I'm In Love

10. Texas Shuffle

11. Many Rivers To Cross

12. Elmo's Mamb※Bonus

 

<参加ミュージシャン>

ガース・ハドソン

リック・ダンコ

トニ-・レヴィン

デイヴィッド・サンキシャス

アーニー・ケイト

ジョネル・モッサー

ロビー・デュプリー

スタン・セレステ

ハーヴィ・ブルックス

リチャード・ベル

ランディ・シャーランテ

80年代半ば以降、ギタリストとしてザ・バンドを支えてきたジム・ウイーダーの初のソロ作。ガース・ハドソン、リック・ダンコなど、ザ・バンドのメンバーのほか、ウッドストック・レジェンドが総参加した粋でブルージーなアルバム。ロビー・ロバートソンの抜けた穴を見事に埋め、新生ザ・バンドをロックンロール・アメリカン・バンドとして蘇らせたのは、ジムのギター・サウンドと言っても過言ではないだろう。ヴィンテージ・フェンダー・ギターから繰り出される、ジムの多彩なギター・サウンドは、テクニック充分でもあり、味わい深くもあり、感動的でもある。ブルース、ブギ、スライド、バラード、シャッフル、サンバなど、無条件に楽しめるギター・アルバム。ヴォ-カル物も3曲収録。

 

ニューヨーク州ウッドストックに生まれ育ったジムは、その地に逗留していたミュージシャン達、ボブ・ディランやザ・バンド、ジャニス・ジョップリンといった面々の影響を受け、ギターを弾き、ソングライター達のバックアップを行っていた。73年にはナッシュヴィルに赴き、プロのミュージシャンとして活動を始め、レコーディングやジョニー・ペイチェックのツアー・バンドのギタリストを務める。80年代の初期、ウッドストックに戻り、ロビー・デュプリーのバンドに入り、全米ツアーに参加。やがて83年にザ・バンドリヴォン・ヘルムに出会い、彼のオールスターズに加入。さらに85年には、ザ・バンドのツアー・メンバーに迎えられ、その名が知られるようになる。92年10月にマジソン・スクウェア・ガーデンで行われた”ボブ・ディラン・トリビュ-ト”コンサートにも、ザ・バンドの一員として登場。

 

そして93年、15年ぶりのザ・バンドのアルバム『ジェリコ』で、ロビー・ロバートソンの代役という印象から、ザ・バンドを支えるギタリストとしての存在として広く認められるようになる。その後、ザ・バンドとしては『HIGH ON THE HOG』、『JUBILATION』の2枚のアルバムを発表するが、それと並行して自身のバンド"HONKY TONK GURUS"を率いて活動している。



ボブ・ニューワース − ハヴァナ・ミッドナイト


Havana Midnight - Bob Neuwirth

 

品番:YDCD-0021

レーベル:dreamsville records

リリース:1999年12月21日

解説:鈴木カツ/原 昭

歌詞・対訳付/新品・未開封

 

★PRICE DOWN!!

¥2,500

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Havana Midnight

02. The First Time

03. Dead Man's Clothes

04. Miracles/Milagros

05. Don Quixote

06. The Call

07. Look Up

08. Havana Farewell

09. Aracely's Natias

生年月日は不明。一説では1941年生まれともいわれている。ボストンのアート・スクールを卒業後、シカゴ~ケンブリッジ・フォーク・シーンでフォーク・ブームの洗礼を受ける。その後、カリフォルニアのバークレイに移り住む。1961年にコネティカット州で行われたフォーク・フェスティヴァルでボブ・ディランと出会い、意気投合する。これ以降、初期の頃のディランに対して、音楽面でもそしてライフ・スタイルにおいても強い影響力与えることになる。そして、いつのまにやら、ディランのロード・マネージャーに収まる。

 

1965年のディランのイギリス・ツアーでは、アルバート・グロスマンの補佐役として、ツアーを取り仕切る。しかしその後は、1974年にアサイラムからデビュー・アルバム『ボブ・ニューワース』をリリースするまで、表舞台から遠ざかってしまう。そして1975年のディランの全米ツアー『ローリング・サンダー・レヴュー』に参加し、コーラスとギターを担当する。しかしまた忽然と姿を消してしまったニューワースが、再び登場するのは1988年のこと。14年振りにセカンド・アルバム『BACK TO THE FRONT』を発表。1990年にもサード・アルバム『99 MONKEYS』を発表。

 

そして1994年にジョン・ケイルと共演したアルバム『LAST DAY ON EARTH』をリリースし、96年には『LOOK UP』を発表。ここ10年は比較的コンスタントに作品を発表してきたニューワースは、1999年に新たな音楽旅路の始まりとして、キューバ音楽とのコラボレーションで素晴らしい作品を作り上げた。



オムニバス − ヒット・ザ・ロード・トゥ・ドリームズヴィル 〜 夢街へ…


Hit The Road To Dreamsville - V.A.

 

CD番号:YDCD-0069

レーベル:dreamsville records

リリース:2001年11月25日

解説:長門芳郎

歌詞・対訳付/新品・未開封

¥1,800

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Midnight Rush - Hamish Stewart

02. Hadeed - The Breakfast Band

03. Take This Winter Out Of Mind - Full Moon

04. Sweet Ophelia - Batty Mann

05. Remedy - Jim Weider

06. Little Island - Garth Hudson

07. Chain Gang - Rick Danko

08. Rails - Elliot Ingver

09. Soul Of A Man - Maria Muldaur with Taj Mahal

10. Small Town Talk - Geoff Muldaur & Amos Garrett

11. Rockin' Chair - John Simon

12. sing This Song - Hirth Martinez with Valerie Carter

13. Be My Baby - Byrne & Barnes

14. You Teach My Soul To Sing - Jeffrey Foskett

ドリームズヴィル・レコード3周年スペシャル・コンピレーション!フル・ムーン、バリー・マン、ガース・ハドソン、リック・ダンコ、ジョン・サイモン、マリア・マルダー、ジェフ&エイモスほか、ドリームズヴィルの住人たちによる夢の豪華な1枚!



オムニバス − グリーティングス・フロム・ドリームズヴィル


Greetings From Dreamsville - V.A.

 

CD番号:YDCD-0018

レーベル:dreamsville records

リリース:1999年11月25日

解説:長門芳郎

歌詞・対訳付/新品・未開封

¥1,500

  • 残りわずか
  • お届け日数:5~8日

<収録曲>

01. Only The Good Things - Teresa Bright

02. Christmas Eve - MFQ 

03. Songwriter - Peter Gallway

04. Dandelion Soul - Larry John McNally

05. October Child - John Hall

06. The Calm Before The Storm - Mark Sebastian

07. Jig - Steve Young

08. Ordinary Splendor - Jonell Mosser

09. Sometimes/Always - Hirth Martinez

10. I'm In Love - Jim Weider

11. Postcards From Hollywood - Ned Doheny

12. I Love Her , She Loves Me - NRBQ

13. Time Passes On - Orleans

14. This Is Life - Robbie Dupree

15. This Night Won't Last Forever - Bill LaBounty

ドリームズヴィル・レコードのレーベル・サンプラー第2弾。テレサ・ブライトの「オンリー・ザ・グッド・シングス」 や、MFQが歌う「クリスマス・イヴ」(山下達郎のカバー)をはじめ、ピーター・ゴールウェイ、スティーヴ・ヤング、ネッド・ドヒニーなど全15曲収録。